医療機関と脱毛サロン

 

デリケートゾーンの脱毛を考えた場合、医療機関と脱毛サロンのどちらがいいのかは、ほとんどの女性が悩むところではないでしょうか。

 

最近では、デリケートゾーンの永久脱毛を希望する女性が増えていることから、医療機関でも脱毛サロンでも、Vライン、Iライン、Oラインといったコースを設けているところが多くなっています。

 

デリケートゾーンとは、どちらかと言うと濃い毛が多い部位です。また、色素も沈着しやすい場所となっています。
医療機関では、レーザーによる脱毛施術が多いようです。 しかし、エステではフラッシュなどの光脱毛が主な脱毛方法となっているようです。

 

また、デリケートゾーンとは、脱毛時に傷みも感じやすい部位となっています。
その痛さが心配で、デリケートゾーンの脱毛を躊躇している女性もいますね。

 

デリケートゾーンの脱毛をする場合、医療機関と脱毛サロンでは脱毛方法が違うということに加えて、医療機関では医療行為を行なうことができるので、痛さを軽減するために麻酔を使うことができるのです。

 

医療機関がいいのか

 

では、実際のところデリケートゾーンの脱毛は、医療機関と脱毛サロンではどちらがいいのでしょうか。

 

痛さの感じ方は個人差があり、デリケートゾーンであっても、話にきくより痛さを感じなかった、という人もいれば、あまり痛さを感じない部位の脱毛にも痛さを感じた、という人もいます。

 

ですから、カウンセリングを受けて、自分の肌質や毛質、料金も確認した上で、 医療機関で脱毛するか脱毛サロンで脱毛するかを選びましょう。

  • 2019/03/12 10:27:12